ファンケル 2017年1月新発売 発芽米彩り米ブレンド 黒米と赤米をブレンド
ファンケルから、3種類の玄米をブレンドした「発芽米 彩り米ブレンド」が2017年1月20日新発売されました。2017年1月20日 家族の健康づくりに「発芽米 彩(いろど)り米(まい)ブレンド」
栄養豊富な3種の玄米(発芽米、黒米、赤米)をブレンド。発芽米に加え、普段の食事では摂りにくい栄養成分を含む黒米や赤米を組み合わせたことで、雑穀以上の栄養価を誇る健康米に仕上げました。さらに、発芽米に多く含まれるビタミンやミネラル、食物繊維、GABAと、黒米や赤米に含まれる抗酸化成分のポリフェノールなど、様々な栄養成分を摂ることができます。

お米本来の甘みとプチプチ、もちもちとした食感が特徴。冷めてもおいしいです。白米にサッと加えるだけで簡単に炊けます。

 発芽米に加え、普段の食事では摂りにくい栄養成分を含む黒米や赤米を組み合わせたことで、雑穀以上の栄養価を誇る健康米に仕上げました。
発芽米に多く含まれるビタミンやミネラル、食物繊維、GABAと、黒米や赤米に含まれる抗酸化成分のポリフェノールなど、様々な栄養成分を摂ることができます。

黒米とは、稲の原種で古代米の一種です。白米に比べてたんぱく質、ビタミンB1、 ビタミンB2、 ビタミンE、ナイアシン、リジン、トリプトファンなどが豊富に含まれ、鉄分や 亜鉛、リン、カルシウム、 マグネシウムなどのミネラル類も豊富に含まれます ... 
 黒米は、濃紫色の色素を持ち中国では古くから利用されてきた玄米、赤米は、赤い色素を持ち赤飯のルーツともされることから古くから日本で利用されてきた玄米です。
 赤米(あかごめ、あかまい)とはイネの栽培品種のうち、玄米の種皮または果皮の 少なくとも一方(主に種皮)にタンニン系の赤色色素を含む品種。  
 
発芽米に黒米と赤米をブレンドすることで、炊き上がりはほんのりと赤色に色づき、食卓やお弁当を彩ります。お米本来の甘みとプチプチ、もちもちとした食感が特徴です。

 個包装タイプなので、研いだ白米にサッと混ぜるだけで手軽に炊飯ができます。

健康志向のいま、玄米や雑穀米を食事に取り入れている人が多いようです。
昔は現在は圧力なべでないと炊けないとか食べにくいとか言われて敬遠されていましたが、今では白米に混ぜるだけで簡単に食べられるようになりました。
発芽米というとファンケルですが、白米に混ぜてもほとんど違和感なく食べられます。私はもうずいぶん長く発芽米を愛用していますが、たまに雑穀を取り入れることもあります。
その発芽米に黒米と赤米をブレンドした雑穀米以上の栄養価のお米が発売され、さっそく使ってみました。
白米に混ぜるだけの簡単炊飯で、炊きあがって蓋を開けると、赤飯のような赤みのあるご飯がきれいにできていて、感動でした。そして、食べやすく、おいしい。ご飯というと白、という固定観念のあるひとにはやや抵抗があるかもしれませんが、赤い彩り米は、やはりテンションが上がります。
なにより健康に良いということが大事です。食事は健康の基本、そして主食であるご飯は毎日食べるものであり、栄養主眼で選ぶのは当然といえます。
個包装タイプで賞味期限も半年以上と長いので、週に1回ぐらいから初めて回数を増やしていっても良いでしょう。



スポンサーサイト
【2017/07/14 11:09 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<花いちごのバラエティアイス(博多あまおう) 大丸・松坂屋オンラインストアお中元で紹介 | ホーム | 一澤信三郎帆布×ケイタマルヤマ 伊勢丹限定 トートバッグ陶器小花柄 生成り・ネイビー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maemukis.blog41.fc2.com/tb.php/26280-01876c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |