読売新聞掲載 母の日に贈る 青紫のカーネーション ムーンダストのアレンジメント(日比谷花壇)
5月14日の母の日はもうすぐですが、母の日の定番ギフトといえば、カーネーションです。 カーネーションというと赤やピンクというイメージがありますが、最近は珍しい色のカーネーションにも人気が集まっているそうです。
毎年カーネーションを贈っている方など、たまには趣向を変えてみてはいかがでしょう。
4月22日の読売新聞に「母の日 花で驚かそう!」という記事が載っていました。
その中で、世界で初めて開発された青紫色のカーネーションを使った、日比谷花壇のアレンジメントが紹介されています。

サントリーとオーストラリアのフロリジン社(2010年 活動休止)との共同開発により生まれた、世界初の青いカーネーション「ムーンダスト」。「サントリーブルーローズ アプローズSUNTORY blue rose APPLAUSE」は、サントリーが世界で初めて開発した、青いバラです。

その青いバラの開発過程で生まれたこの花は、ペチュニアなどの青い花から青色色素を作る遺伝子を採取し、カーネーションの遺伝子に組み込むことによって生まれました。
世界で初めてバイオテクノロジーを用いた開発に成功した、貴重な青いカーネーションは日本で1997年から「ムーンダスト」ブランドとして発売しています。

世界で唯一の青いカーネーション“ムーン ダスト”は、すべてを優しく包み込む、まるで月の光のような上品なブルー
「永遠の幸福」という花言葉を持つ「ムーンダスト」は、母の日のギフトとして最適でしょう。

母の日 アレンジメント「ヴィオレノーブル」
価格:8,640円(本体価格:8,000円)
月の光のように神秘的な青紫色をまとったカーネーション「ムーンダスト」。シックな紫のグラデーションを描く3種のカーネーション、エレガントなピンクのバラをあしらい、ナチュラルなバスケットにアレンジしました。ふちをピンクに染めたアイビーを加えたら、優雅なひと時が訪れます。

こちらをご覧ください

【日比谷花壇】【母の日】アレンジメント「ヴィオレノーブル」

スポンサーサイト
【2017/04/22 11:30 】
母の日 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ベジターレ母の日ギフト 食べられるカーネーション入り ベジアレンジメント | ホーム | ユンソナさん開発 SonHa by the SAEM(ソンハバイザセム) UVパウダー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maemukis.blog41.fc2.com/tb.php/26105-37f4f5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |