NHK「ガッテン!」「コラーゲン100%活用SP 」粉末コラーゲンペプチド コラゲネイド
ニッタバイオラボ
2017年3月1日にNHKの情報番組「ガッテン!」で「決定版!コラーゲン100%活用SP 」が紹介されました。
お肌ぷるぷるの代名詞、コラーゲン。
コラーゲンは、からだの中で皮ふや骨、軟骨、腱、血管などに多く含まれるタンパク質です。体内には体重の約16%(体重60kgの人で約10kg)のタンパク質がありますが、その約30%がコラーゲン(体重の約5%)です。
コラーゲンの主な役割は、からだの各組織がバラバラにならないように支持することです。また、水分を保持し、からだが干からびないようにする役割も担っています。さらに、3本の鎖状の繊維が「らせん状」に絡まった特殊な構造をしていて、バネのように伸び縮みするので、肌のツヤとハリが保たれ、骨にしなやかさと強度が生まれます。

関節は柔軟性のある軟骨で覆われています。その軟骨の50%はコラーゲンでできています。
コラーゲンが不足すると軟骨の弾力性が失われていき、すり減ったり、変形しやすくなります。そうなると、関節に水が溜まったり、変形性関節炎などを引き起こしやすくなります。

血管はコラーゲンでできたチューブ
血管は老化とともに柔軟性・弾力性を失っていきます。
これはコラーゲンなど血管を構成するたんぱく質組織が硬化するからです。
血管の動脈が硬くなると、動脈硬化や高血圧が起こりやすくなります。


コラーゲンが不足すると肌は
●皮ふがたるむ
●光沢、つや、なめらかさが低下する
●ハリが失われる
●キメが粗くなる
●シミができる
といった現象が見られるようになります。女性にとっては避けて通りたいことばかりです。
コラーゲンが美容・健康のために必要であることが良く分かりましたが、ご存知のように、コラーゲンは20代以降に生成量が急激に衰え、40代では10代の頃の半分以下になります。
ということで、コラーゲンのサプリなどを積極的に摂取している女性も多いようです。
もちろんコラーゲンは食品です。薬のような効果が保証されるものではありません。ヒトに対してどれほどの働きがあるのかも、まだまだ研究途中の段階です。

今回のお役立ち情報
01
コラーゲンと「ケガ」

コラーゲンは食べても、胃や腸などでバラバラに分解されてしまいます。「じゃあ意味ないのでは?」と思いますが、実は「食べたコラーゲンは体の中で興味深い働きをするらしい」ということが、最近の研究で分かってきました。
それは、胃や腸で分解されきらなかったコラーゲンの破片(ペプチド)が体に吸収され、それが、体にキズや肌にダメージがある人の場合、体内でコラーゲンを作る線維芽細胞(せんいがいさいぼう)の増殖に役立っているのではないか、というものです。

02
コラーゲンと「関節」

ドイツの病院では、関節の痛みなどを抱える患者さんに、コラーゲンが使われ始めています。
また、大学駅伝のある強豪校は、コラーゲンを食べることによって、酷使される関節のケガや痛みが軽減した、という実感を得ているそうです。

番組の中で、ゼラチン・コラーゲンの専門会社ニッタバイオラボの商品が映ったようです。

【粉末コラーゲン、コラゲネイドは、大正7年創業、ゼラチン・コラーゲンの専門会社「新田ゼラチン」の製品です。
コラゲネイドはコラーゲンペプチド100%で、他に何も加えていないから、糖分・脂肪分もゼロの純粋なコラーゲンです。
コラーゲンをさらに小さな分子にしたコラーゲンペプチドだから、消化吸収されやすく、効率よくコラーゲンを吸収できます。
溶けやすい顆粒状で温かいものはもちろん、冷たいものにもよく溶けます。
味噌汁、カレー、ハンバーグ、スープなどに混ぜても使えるので、使用法は限りなくあると言っていいでしょう。


食事でコラーゲン質を摂ると、胃や腸で消化・分解されます。
コラゲネイドはコラーゲンをより小さな分子にしたコラーゲンペプチドでできています。ペプチドをさらに小さくするとアミノ酸になりますが、一番消化・吸収率が優れているのはコラーゲンペプチドと言われています。
だから、効率よくコラーゲンを体内に補給できるのです。

ネット限定のコラゲネイドはじめてセットがお得です。



コラゲネイドはじめてセット


スポンサーサイト
【2017/03/02 12:39 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ファイテン×セルズトウキョウ シェイプスパッツ ショップチャンネルで先行販売 | ホーム | WELEDA(ヴェレダ)アルニカ ボディキット マッサージオイル・バスミルク入り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maemukis.blog41.fc2.com/tb.php/25987-3789bb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |