アボカドオイル「ロシオ・デル・ボスケ」オレイン酸豊富な食べる美容オイル
「ロシオ・デル・ボスケ」は、栄養価の高い果物として知られている、アボカドフルーツの果実だけを搾った100%天然のフルーツオイルです。

オリーブオイル、ココナツオイル、アルガンオイルなど、「食べる美容オイル」が体内からきれいになりたいと望む女性の人気を集めていますが、アボカドは、12種のビタミンと14種のミネラル、また最近話題のフィトケミカル(第7の栄養素)、コエンザイムQ10も含んだ、本当の意味でのスーパーフードです。

アボカドオイルはアボカド(鰐梨) の果実から得た脂肪油です。
 アボカドは各種栄養成分を豊富にしかもバランスよく含んでいることから、「世界一栄養価の高い果実」としてギネスブックに登録されています。森のバターとしても知られています。

アボカドは11種のビタミン、14種のミネラルを豊富に含んでいます。そして、森のバターといわれる所以の油脂成分はほとんどがコレステロールの心配の無い、不飽和脂肪酸で組成されています。
ビタミンA、B群、Eなど各種ビタミンや、たんぱく質、レシチン、ミネラル、ペクチンなどの栄養を豊富に含んでいます。

アボカドオイルはオレイン酸を主成分とした、不飽和脂肪酸成分が86%のオイルです。
オレイン酸は、、酸化されにくいのが特徴。オレイン酸は、人の皮脂の41%ほどを構成している脂肪酸です。
オレイン酸は悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる働きが確認されています。
悪玉コレステロールの増加は、動脈硬化や高血圧、心臓疾患などの原因に。
また、善玉コレステロールは、血管内の過剰なコレステロールを回収してくれます。
高いオレイン酸含有率を誇るアボカドオイルは、コレステロールからくる疾患の予防に効果的です。
→動脈硬化、高血圧、心臓疾患予防に効果的です。

オレイン酸には肌に潤いや柔軟性をもたらす効果があり、角質のカサツキや小ジワなどの予防・改善が期待できます。
→肌のエイジングケア
ビタミンEは、オリーブオイルの4.5倍
強い抗酸化作用を持つビタミンで、様々な害を与える活性酸素から体を守る効果があります。
→エイジングケア
コレステロールや脂肪の酸化を防ぎ血管のしなやかさを保ち、また毛細血管を広げる働きがあり、血流改善効果が期待できます。
→肌のエイジングケア

アボカドオイルは抗酸化油・難酸化油とも言われていて、油脂中最もアレルギーのないオイルです。

アボカドオイル ロシオ デル ボスケの特徴
世界における全アボカド生産量の約半分は、メキシコのミチョアカン州で生産されています。ミチョアカン州で収穫したアボカドを原料としています。
脂肪酸組成はオレイン酸が約79%、飽和脂肪酸約10%(オリーブオイル約14%)。
脂肪酸組成はオリーブオイルと似ていますが、オリーブオイルに比べやや重いので、軽いオイルとブレンドしたり、加熱調理に向いています。
くせがないので、炒め物、サラダ、カルパッチョ等、素材の味を引き立てる名脇役として和洋中のどんなお料理にも活躍してくれます。
 アボカド油は美容オイルとして化粧品素材にもよく使用されています。
最もシンプルかつ効果的にアボカドオイルの豊饒な栄養分を取り入れる方法、それは大さじ1杯をそのまま摂取することです。ロシオデルボスケは、オイルとしては驚くほど軽い飲み口で特徴です。
無添加、無着色、無香料で不純物による雑味やえぐみもありません。

「ロシオ・デル・ボスケ」のご購入は、こちらの「ショッピング」のところでどうぞ



スポンサーサイト
【2016/12/31 13:01 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<2017年新春ショップチャンネルグルメ福箱 たらばかに水煮「利久」牛タンシチュー入り | ホーム | スック(SUQQU) 2017  マスキュレイト マッサージ&マスククリーム 紅白茶香(白茶・紅茶ブレンド) キット >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maemukis.blog41.fc2.com/tb.php/25846-f16a82ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |