つきじ宮川本廛 敬老の日 特撰うなぎ詰め合わせ 共水うなぎ蒲焼と口福飯
明治26年創業。百二十余年鰻一筋の老舗 つきじ宮川本廛 のうなぎが、伊勢丹オンラインストアの2017敬老の日ギフト特集で紹介されています。
敬老の日ギフトというと、祝い膳など、食べ物が多いようですが、お年寄りにとっておいしいものを味わえる喜びは長寿の願いとともに、最高の贈り物といえるかもしれません。
すっかり高級品となったうなぎですが、だからこそ、敬老の日のギフトに千金の値があるのでしょう。

つきじ宮川本廛
慶応三年、大政奉還の年。創業者・渡辺助之丞がこの世に生を受けました。
深川のうなぎ専門店「宮川」での修業を終え、同店の廃業に際し名跡を受け継ぎ、明治26年、散切り頭の助之丞二十八歳は築地橋、東詰めに“うなぎ屋”を開業。一杯六厘のうな丼が文明開化の幕開けとともに誕生したのです。
以来、鰻一筋に精進を重ね「秘伝のたれ」とも言うべき、つけだれの味を定着させ、その伝統の味が今に伝えられています。

卓越した腕を持つ熟練の職人が、うまみを最大限に引き出すため炭火を使用し、手焼きにて一つひとつ丁寧に仕上げています。コクのあるタレは添加物一切不使用。

大井川・共水うなぎは
静岡県、焼津市にある共水(株)さんが鰻本来の美味しさを第一に考え、品質研究・養殖する鰻。
 健康で美味しく育てる為、飼育尾数に制限があり、全国で30数件の鰻店のみでしか味わうことのできないブランド鰻です。

 大井川の南アルプス伏流水…
自然豊かな環境で、愛情をもって育てられた共水うなぎは、天然うなぎのような甘い香りと味わいをもち、人間の体に良いとされるDHAやEPAを一般養殖うなぎの4~5倍、そして美容に欠かせないコラーゲンを豊富に含んでいます。

<つきじ宮川本廛>【9月17日(日)届】 敬老の日 宮川 特撰うなぎ詰め合わせ

価格
10,800円(税込)

内容量
共水蒲焼 65g×4枚 うなぎ口福飯×2個 生肝入り肝吸い×4 タレ山椒×6


伊勢丹オンラインストアで購入できます。こちらからご覧ください
<つきじ宮川本廛>【9月17日(日)届】 敬老の日 宮川 特撰うなぎ詰め合わせ 【三越・伊勢丹/公式】


<つきじ宮川本廛>【9月16日(土)届】 敬老の日 宮川 特撰うなぎ詰め合わせ 【三越・伊勢丹/公式】


【伊勢丹】敬老の日ギフトセレクション

スポンサーサイト
【2017/08/17 11:07 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
高島屋大食堂のオムライス 昭和40年代の味復刻版 冷凍4個入り
高島屋大食堂のオムライス(復刻版)が、高島屋オンランストアで紹介されています。

昭和40年代、デパートの大食堂が流行っていた時代の懐かしのメニューの復刻版です。
現在、日本橋高島屋の8階 特別食堂は、帝国ホテルやうなぎ 五代目 野田岩などの庶民的とは言い難い高級レストランになっているようですが、昭和のデパートの大食堂は、いまのファミリーレストランのような存在だったと記憶します。親に連れられてよく行ったものですが、昭和の子供にとって、大食堂と屋上遊園地は休日の楽しみだったのではないでしょうか。

そんなデパートの大食堂の人気メニューといえば、オムライスです。
冷凍で4袋入って税込4,902円というのは、リーズナブルな値段だと思います。


オリジナル 高島屋大食堂のオムライス(復刻版)
税込4,902円
バターが香る洋食屋さんの本格オムライス。
赤いケチャップのチキンライスを再現し、ひとつひとつプロの技で卵焼きを巻きました。バターの香り高いオムライスです。

こちらからご覧ください
オリジナル 高島屋大食堂のオムライス(復刻版)


【2017/08/14 11:33 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
つきじ宮川本廛 高島屋限定 備長炭焼鰻(うなぎ)蒲焼 小泉武夫博士厳選特製たれ
明治26年創業。鰻一筋の老舗 つきじ宮川本廛 のうなぎが、高島屋のお中元2017で紹介されています。
うなぎといえば、土用の丑の日ですが、今年2017年の夏の土用の丑の日は、7月25日と8月6日の2回だそうです。
すっかり高級品となったうなぎですが、土用の丑の日には国産ウナギを食べて精をつけたいものです。

つきじ宮川本廛
慶応三年、大政奉還の年。創業者・渡辺助之丞がこの世に生を受けました。
深川のうなぎ専門店「宮川」での修業を終え、同店の廃業に際し名跡を受け継ぎ、明治26年、散切り頭の助之丞二十八歳は築地橋、東詰めに“うなぎ屋”を開業。一杯六厘のうな丼が文明開化の幕開けとともに誕生したのです。
以来、鰻一筋に精進を重ね「秘伝のたれ」とも言うべき、つけだれの味を定着させ、その伝統の味が今に伝えられています。

卓越した腕を持つ熟練の職人が、うまみを最大限に引き出すため炭火を使用し、手焼きにて一つひとつ丁寧に仕上げています。コクのあるタレは添加物一切不使用。

高島屋限定】備長炭焼鰻蒲焼は、発酵学の第一人者、小泉武夫博士が選び抜いた醤油、本みりん、みそ、麹などの発酵調味料で作った特製たれで食す鰻蒲焼です。


「発酵食品」に特化した情報サイト「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」では、小泉武夫先生 がこだわる「発酵食」に関する納豆、味噌、醤油、酒、など日本の発酵食文化の情報を 発信しています。

つきじ宮川本廛
【高島屋限定】備長炭焼鰻蒲焼
税込10,800円
賞味期限
冷凍で180日

商品内容
備長炭焼鰻蒲焼110g×4、小泉武夫監修特製たれ・山椒各4※電子レンジ対応 原料原産地:鰻(国産)

こちらからご覧ください
つきじ宮川本廛
【高島屋限定】備長炭焼鰻蒲焼



【2017/07/20 11:03 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
国産 はねだしうなぎ長焼き 計580g 「買い運おびマルシェ」で紹介
国産 はねだしうなぎ長焼き 無選別 計580gが、TBS「買い運おびマルシェ」で紹介されました。

うなぎといえば、土用の丑の日ですが、今年2017年の夏の土用の丑の日は、7月25日と8月6日の2回だそうです。

「日本で暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣は万葉集にも詠まれている古いものだが、土用の丑の日に食べる習慣となったのは、文政5年(1822年 - 1823年)当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)によれば、安永・天明の頃(1772年 - 1788年)よりの風習であるという。」

ということで、暑い夏に栄養価の高いウナギを食べてスタミナをつけるという発想です。
子供のころから夏にウナギを食べた記憶はありますが、小骨が口の中に刺さって、あまり好きな食物とは言えませんでした。しかし、最近のウナギは昔より食べやすい気がするし、あの甘辛いタレと参照のピリリ感が食欲をそそります。
すっかり価格が高騰してしまいましたが、1年に一度くらいはやはり食べたいものです。

「買い運!おびマルシェ」では、スーパーなどでは買えないようなお得な「国産うなぎの長焼き」が大ボリュームで紹介されました。

うなぎの産地として名高い「愛知県」「静岡県」「宮崎県」などのうなぎを厳選。
今回は身がわずかに切れたなど贈答用の厳しい選別ではじかれた“はねだし品”を集めたため、大変お買得なのだそうですが、そのくらい全然気にならないですね。
贈答用同じ製造ラインで作られているため味はそのまま

袋から取り出して電子レンジで温めるだけでOK!
手元にあるスーパーのチラシを見ると、国産鰻長焼き(中)1尾が税込み1815円となっています。
これが売り出し価格なのですから、580gうな丼約11杯分でこのお値段というのがどんなにお得かわかります。

冷凍で約1年保存できるので、慌てずに好きな時に食べられます。


国産 はねだしうなぎ長焼き 無選別 計580g/タレ・山椒付き

¥5,980(税抜)  ¥6,458(税込)


詳細・ご購入は、こちらからどうぞ「うなぎ」と検索してご覧ください。
TBS ishop
【2017/07/17 10:54 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
ファンケル 2017年1月新発売 発芽米彩り米ブレンド 黒米と赤米をブレンド
ファンケルから、3種類の玄米をブレンドした「発芽米 彩り米ブレンド」が2017年1月20日新発売されました。2017年1月20日 家族の健康づくりに「発芽米 彩(いろど)り米(まい)ブレンド」
栄養豊富な3種の玄米(発芽米、黒米、赤米)をブレンド。発芽米に加え、普段の食事では摂りにくい栄養成分を含む黒米や赤米を組み合わせたことで、雑穀以上の栄養価を誇る健康米に仕上げました。さらに、発芽米に多く含まれるビタミンやミネラル、食物繊維、GABAと、黒米や赤米に含まれる抗酸化成分のポリフェノールなど、様々な栄養成分を摂ることができます。

お米本来の甘みとプチプチ、もちもちとした食感が特徴。冷めてもおいしいです。白米にサッと加えるだけで簡単に炊けます。

 発芽米に加え、普段の食事では摂りにくい栄養成分を含む黒米や赤米を組み合わせたことで、雑穀以上の栄養価を誇る健康米に仕上げました。
発芽米に多く含まれるビタミンやミネラル、食物繊維、GABAと、黒米や赤米に含まれる抗酸化成分のポリフェノールなど、様々な栄養成分を摂ることができます。

黒米とは、稲の原種で古代米の一種です。白米に比べてたんぱく質、ビタミンB1、 ビタミンB2、 ビタミンE、ナイアシン、リジン、トリプトファンなどが豊富に含まれ、鉄分や 亜鉛、リン、カルシウム、 マグネシウムなどのミネラル類も豊富に含まれます ... 
 黒米は、濃紫色の色素を持ち中国では古くから利用されてきた玄米、赤米は、赤い色素を持ち赤飯のルーツともされることから古くから日本で利用されてきた玄米です。
 赤米(あかごめ、あかまい)とはイネの栽培品種のうち、玄米の種皮または果皮の 少なくとも一方(主に種皮)にタンニン系の赤色色素を含む品種。  
 
発芽米に黒米と赤米をブレンドすることで、炊き上がりはほんのりと赤色に色づき、食卓やお弁当を彩ります。お米本来の甘みとプチプチ、もちもちとした食感が特徴です。

 個包装タイプなので、研いだ白米にサッと混ぜるだけで手軽に炊飯ができます。

健康志向のいま、玄米や雑穀米を食事に取り入れている人が多いようです。
昔は現在は圧力なべでないと炊けないとか食べにくいとか言われて敬遠されていましたが、今では白米に混ぜるだけで簡単に食べられるようになりました。
発芽米というとファンケルですが、白米に混ぜてもほとんど違和感なく食べられます。私はもうずいぶん長く発芽米を愛用していますが、たまに雑穀を取り入れることもあります。
その発芽米に黒米と赤米をブレンドした雑穀米以上の栄養価のお米が発売され、さっそく使ってみました。
白米に混ぜるだけの簡単炊飯で、炊きあがって蓋を開けると、赤飯のような赤みのあるご飯がきれいにできていて、感動でした。そして、食べやすく、おいしい。ご飯というと白、という固定観念のあるひとにはやや抵抗があるかもしれませんが、赤い彩り米は、やはりテンションが上がります。
なにより健康に良いということが大事です。食事は健康の基本、そして主食であるご飯は毎日食べるものであり、栄養主眼で選ぶのは当然といえます。
個包装タイプで賞味期限も半年以上と長いので、週に1回ぐらいから初めて回数を増やしていっても良いでしょう。



【2017/07/14 11:09 】
健康と美容にいい食べ物・グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ